忍者ブログ
2017 10
≪ 2017 091 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 2017 11 ≫

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



捨て身


concentration.jpg生きるために身を捨てる

剣道では、身を捨てて戦う事を究極の心境として尊んでいます。一刀流は「身を捨てて又身をすくう貝勺子」と歌っています。すなわち、身を捨てる事が自分を助ける道だと教えています。

宮本武蔵は真剣勝負では「我が身切られに行くと思え」と言い、上杉謙信は「生を必すれば必ず死し、死を必すれば必ず生く」と死を覚悟しなければ生き残れないとして、捨て身の精神を説いています。

つまり、「捨て身」こそ、戦いに臨む精神である、と同時に、生き残るための心構えと考えられたのです。



▼つづきはこちら▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字






この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

ホームページへのご案内
リーディング・ヒーリング お申し込み
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
noah auber
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
ハーブ栽培
自己紹介:

ドリス・デイのケセラセラという歌が、何故か良く口に出てきます。

「実現していない未来を心配しても仕方ない、なるようにしかならないのよ」っていうのが歌の骨子です。

嫌なことがあっても、それがなかったら今のこの幸せは手に入らなかったんだなって思えるようになってきました。